アトピーに悪い石鹸

アトピー肌に使ってはいけない石鹸の種類

顔・首のアトピーに使ってはいけない石鹸の種類

アトピーにアルカリ性の石鹸は使ってはいけない

 

顔・首のアトピーの人のスキンケアは
正しい石鹸選びと体の洗い方がポイントです。
しかし、かゆいものはかゆいから、
我慢するのは難しいですよね。

 

 

では、なぜ掻きむしってはいけないのでしょうか。
それは爪で目に見えない小さい傷を作ってしまうからなのです。
もともと敏感な肌が、
その傷に外気からの刺激を受けて、赤くかゆくなるのです。

 

 

顔・首のアトピーの悪化を押さえるのに重要なのは
神経質なくらいに身体を清潔に保つことです。
少し面倒ですが、就寝中の汗などで
汚れてアトピーが悪化しないために朝の入浴がオススメです。
時間がないのなら、シャワーで洗い流すだけでも違ってきます。

 

 

アトピー対策に泡でやさしく洗う

たまに「アトピーには石鹸がいけない」という意見を耳にします。
しかし、これは「石鹸で身体を洗うといけない」というのとは、
少し意味が違います。
石鹸は基本的に「アルカリ性」のものが多いのです。
乾燥がひどいアトピーの肌には、アルカリ性の刺激は毒なのです。

 

 

では、アトピーの人はどうしたらいいのでしょうか。
それはアルカリ性ではない
刺激の少ない石鹸なら良い
わけです。

 

 

この時大切なのは、
手であれタオルであれ、皮膚を直接にこすらないことです。
そのためには、
石鹸をしっかり泡立てて泡で肌をなでるイメージで洗うことです。
泡の質が良ければ、汚れは落ちてくれます。

 

 

洗浄が終わった後も、タオルで乱暴に身体を拭かないようにしましょう。

顔・首のアトピーを治すために必要なスキンケアとは?

アトピーを治すにはとにかく保湿

 

アトピーを治すために必要なことは、
肌に残った汗や皮脂の汚れを除去することが先決です。
肌に汚れを残しておくと皮膚を刺激する元となり、
ますます症状を悪化させるおそれがあるからです。

 

 

また除去するといっても
強い刺激をあたえるようなことは絶対やってはいけません。
石鹸を使っても良いのですが、
必ず残らないように十分にそそぐことが大事です。

 

 

無添加石鹸を使って
泡立てて包み込むようにして手で擦ったり強く押したりせず、

優しく洗い流すことが大切です。

 

 

また過度な洗顔は顔 乾燥を引き起こすので
絶対やってはいけないスキンケアです。
あくまでも優しく刺激をあたえずに洗顔することが大事です。

 

 

健康な肌というのは水分を多く含んでいて潤っています。
アトピーになっている人に共通していることは乾燥しているということです。
肌のバリア機能が崩壊していてあらゆる刺激に過敏に反応している状態です。
そのため肌を保湿して少しずつでもバリア機能を再生する必要があります。

 

 

しかし、保湿するといっても保湿液は色々あります。
出来ることなら、刺激の少ない保湿液を選んで肌になじませるように浸しましょう。
肌が潤うことで肌のバリア機能が高まります。
特にヒアルロン酸やセラミドの成分が入った保湿液は肌に水分が保てるのに最適な成分です。
何層も重なっている肌の角質層に優しく浸透してくれるので肌を十分に潤してくれます。

 

 

つまり水分を角質層に閉じ込めて肌をプルプルにしてくれます。
その結果、アトピーで傷んでいた肌のバリア機能が回復し、
正常で健康な肌へと導いてくれます。

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ