アトピーを治す保湿クリーム・ワセリンの選び方

アトピーを治す保湿クリーム・ワセリンの選び方

アトピーを治す保湿クリーム・ワセリンの選び方

アトピーを治す保湿クリーム・ワセリンの選び方

 

アトピーを治すために
保湿クリーム・ワセリンの役割は
【肌への刺激と水分の蒸発を防ぐ保湿】です。
つまり、肌表面をしっかりコーティングしたいのです。

 

 

刺激と水分の蒸発から肌を守る以外にも
化粧水や美容液で肌に補給した
水分保持力を高めて長時間潤いをキープする保湿成分を
逃げていかないようにしっかり蓋をする役割もあります。

 

⇒アトピーに必要な2種類の保湿と化粧水の選び方

 

 

アトピー肌は肌のバリア機能と保湿機能が
大きく低下している状態なので
保湿クリームやワセリンでしっかり補うようにしましょう。

 

 

今回はその選び方をご紹介します。

 

 

 

保湿クリームの選び方

 

保湿クリームを選ぶときには3つのポイントがあります。

 

保湿クリームの選び3つのポイント
  • 肌表面で水分を保持するタイプの保湿成分が含まれる
  • 刺激になる成分ができるだけ使われていない
  • 不飽和脂肪酸が少ない

 

 

肌表面で水分を保持するタイプの保湿成分が含まれる

 

ワセリンではなく保湿クリームを使う利点は
保湿成分が含まれていることです。

 

 

そこでより大きな効果を得るためには
肌表面で水分を保持するタイプの保湿成分である

  • セラミド
  • リピジュア
  • スフィンゴ脂質
  • 水素添加大豆レシチン

が含まれるものを選びましょう。

 

 

 

刺激になる成分ができるだけ使われていない

 

アトピー肌はバリア機能が低下しているので
普通の肌には問題ない成分でも
反応してかゆみや痛みを感じてしまいます。

 

 

そのため、肌に刺激のある

  • 界面活性剤
  • 合成保存料
  • パラベン・防腐剤
  • 香料
  • 着色料

などはできるだけ少ないものを選びましょう。

 

 

 

不飽和脂肪酸が少ない

 

不飽和脂肪酸は肌に合わない方は
角質層に浸透することで細胞間脂質のバランスを崩し、
肌のバリア機能や保湿機能を低下させることがあります。
そのため、できれば不飽和脂肪酸が
少ない保湿クリームを選ぶのが良いでしょう。

 

主な不飽和脂肪酸

  • オレイン酸
  • リノール酸
  • ウンデシレン酸

 

無添加だとしても
含まれる油の種類は注意しましょう。

 

 

⇒3つのポイントを満たした保湿クリームはコチラ

 

 

 

 

ワセリンの選び方

 

ワセリンは石油から作られるものなので
精製度の低いものだと不純物を含み、
それが肌へ刺激となりかゆみや痛みが出る場合があります。

 

 

そのため、精製度の高いワセリンを選びましょう。
プロぺトやサンホワイトだと安心です。

 

ワセリンの精製度ランク(下がより精製度が高い)
  • 黄色ワセリン
  • 白色ワセリン
  • プロぺト
  • サンホワイト

 

 

保湿クリームと比べると
ワセリンは保湿成分は含まれていないため、
肌表面をコーティングするすることしかできませんが
肌に刺激のある成分もほとんど含まれていないので
副作用のリスクが限りなく低いという利点があります。

 

 

 

 

保湿クリームとワセリンのどちらを使うべきか

 

当サイトでは以下をオススメします。

  • 可能な限り保湿クリームを使う
  • どうしても肌に合わないならワセリンを使う

 

なぜかというと、
アトピー肌はバリア機能と保湿機能が低下しているので
保湿成分が配合されているクリームの方が
より効果的だからです。

 

⇒アトピーに効く保湿クリームはコチラ

 

 

ですが、保湿クリームには様々な成分が含まれているため
人によってはどうしても肌に合わないケースもあります。
その場合にはワセリンを選ぶようにして下さい。

 

 

 

 

以上がアトピーを治す保湿クリーム・ワセリンの選び方です。
あなたの肌に合うことを最優先で考えながら
より効果の高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ