アトピーを治す洗顔

アトピーを治す洗顔|正しい洗顔方法と5つの+αポイント

アトピーを治す洗顔|正しい洗顔方法と5つの+αポイント

アトピーを治す洗顔をしている女性

 

洗顔で顔のアトピーを治すためには
正しい洗顔方法で行う必要があります。

 

 

正しい洗顔方法はアトピーかどうかは関係なく
基本はどんな肌の方でも同じです。
ただ、アトピー肌の場合は
それに+αのポイントを抑えることで
かゆみや乾燥を改善することができます。

 

 

今回は正しい洗顔方法と
アトピーケアに必要な+αポイントをお伝えします。

 

 

 

手を洗い汚れを落としておくこと

 

アトピーの場合、とにかく肌を清潔に保つことが必要です。
なので、手の汚れが顔に移らないように
洗顔前には手を洗って清潔にしておきましょう。

 

 

 

顔の素洗いを行う

 

洗顔の際には直接顔に泡や洗顔料を付ける前に
ぬるま湯で素洗いをしておくと汚れが落ちやすくなります。
ぬるま湯は34℃くらいが最適です。

 

 

アトピーを治す+αポイント@

洗顔するときのお湯は塩素除去しましょう

 

水道水に含まれる塩素は肌に刺激を与えて
かゆみを増幅させてしまいます。
アトピーを治したりかゆみの改善のために
洗顔の際には水道水の塩素除去を行いましょう。

 

 

塩素除去を行うには

  • ビタミンCの粉末をお湯に加える
  • 脱塩素シャワーヘッドを取り付ける

などの方法があります。

 

 

アトピーを治す+αポイントA

乾燥が気になるならぬるま湯の温度を下げる

 

正しい洗顔方法でも肌の乾燥が気になる場合は
ぬるま湯の温度を少し下げてみましょう。
温度を下げることで皮脂が洗い流される量が減り
乾燥対策になります。

 

 

ただし、ぬるま湯の温度を下げ過ぎると
顔の汚れが落ちにくくなるので注意してください。

 

 

 

キメ細かい泡を作る

 

泡立てネットを使ってキメ細かい泡を作りましょう。
キメ細かい泡が肌を守り刺激を最低限に抑えます。
また、毛穴の奥まで汚れを落とすためにも
キメ細かい泡が必要です。
これで鼻の黒ずみもケアできますよ。

 

 

 

優しく泡を顔に乗せる

 

キメ細かい泡を顔を包み込むように
優しく洗顔していきます。
この際に決してゴシゴシ強くこすらないこと。
肌に負担がかかってかゆみを増長させてしまいます。

 

 

アトピーを治す+αポイントB

顔に泡を乗せている時間は1分以内にすること

 

洗顔自体が肌に負担が掛かっているので
アトピーの場合は普通よりも洗顔を短めに行うことが大切。
洗顔を短時間で済ませることにより
乾燥の防止にもなります。

 

 

 

泡が残らないようにすすぐ

 

泡が残るとかゆみ増長の原因となるので
絶対に泡が残らないように何度もすすぎましょう。
この際もぬるま湯で行うこと。
シャワーを直接当てたりしちゃダメですよ。

 

 

アトピーを治す+αポイントC

朝だけなら水洗顔に変えるものアリ

 

アトピーの場合はアレルゲンや細菌・カビの発生があるため、
普通に洗顔して肌を清潔に保つことが必要です。
ただ、アトピーに効く石鹸を選んでも
どうしても石鹸が肌に合わない場合は
朝の洗顔だけは水洗いのみに変更しても大丈夫です。
あなたの状況に合わせて変えてみてください。

 

⇒アトピーに効く石鹸なら無添加石鹸「赤のとち姫」!使用感レビュー

 

⇒アトピーに効く石鹸の選び方|見るべき5つのポイント

 

 

 

以上がアトピーを治す洗顔|正しい洗顔方法と5つの+αポイントです。
顔のアトピーを治すために是非実践してみてください。

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ