アトピー 日焼け止め

アトピー肌の日焼け止めの選び方

アトピー肌の日焼け止めの選び方

アトピーを悪化させる紫外線

 

アトピー肌でも日焼け止めは必要です。
普通の肌よりも紫外線のダメージを受けやすい状態なので
肌を紫外線から守らないとアトピーが悪化してしまいます。

 

 

ただ、日焼け止めにはどうしても
肌に刺激のある化学成分が使われているので
適当に選んでしまうと
日焼け止めにやってアトピーが悪化することもあります。

 

 

そのため、アトピー肌でも使える
日焼け止めの選び方をお伝えします。
肌にやさしい日焼け止めを選んで
夏の紫外線から肌を守りましょう。

 

 

 

アトピー肌に使う日焼け止めの選び方4つのポイント

 

紫外線散乱剤が使われた日焼け止めにすること

アトピー肌を守る日焼け止め

 

日焼け止めの紫外線をカットする成分には
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2つがあります。
選ぶときには肌にやさしい紫外線散乱剤の方にするべきです。

 

 

紫外線散乱剤

肌表面で紫外線を反射させて肌を守るタイプ。
肌への負荷が少なく、効果の持続時間が長いです。
反面、使用感がイマイチで白くなりやすいという
デメリットもあります。

 

主な成分

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

 

 

紫外線吸収剤

紫外線を吸収して肌から守るタイプ。
紫外線から肌を守る効果が高く
使用感が良く、塗った後も自然な仕上がりになります。
反面、肌に刺激が強く、一定量の紫外線を吸収すると
日焼け止め成分が壊れるので塗り直しが必要になる
デメリットもあります。

 

主な成分

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(オクチル)
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル(オクチル)
  • オクトクリレン
  • エチルヘキシル(オクチル)トリアゾン
  • オキシベンゾン-○
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
  • t-ブチルメトキシジベンソイルメタン
  • ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール

 

 

 

ナノ粒子が使われていないこと

 

紫外線散乱剤には白浮きしやすいので
それを改善するためにナノ粒子が使われているものがあります。
これは成分をナノ単位で細かくして
皮膚に吸収されやすくするためのものです。

 

 

ナノ化した粒子が皮膚に吸収されると
毛穴の奥まで入り込んで
体を洗ってもなかなか落ちず残ってしまいます。
そうなるとどんどん活性酸素を発生させて
肌にダメージを与えてしまいます。

 

 

なので、ナノ粒子が使われた日焼け止めは使わないように。

 

 

 

防腐剤や香料は最小限のものを選ぶ

 

洗顔料やボディーソープと同じように
日焼け止めの場合も肌に刺激のある
余計なものは使われていない方が良いです。

 

 

香りや日持ちは優先度を下げて
肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

コーティング剤は安全なものが使われていること

 

酸化亜鉛や酸化チタンは
紫外線に触れると活性酸素を発生させてしまうため
それを防ぐためにコーティングされています。

 

 

そのコーティング剤は様々種類があり、
安全なもの・そうでないものいろいろあります。
成分表示がないので商品を見ただけではわからないのですが
出来れば問い合わせして確認しておきましょう。

 

 

安全なコーティング剤

  • シリカ(ケイ素)
  • グリセリン
  • レシチン
  • その他植物油系

 

 

安全性が疑われるコーティング剤

  • シリコンオイル
  • 水酸化アルミニウム
  • ジメチコン

 

 

 

以上がアトピー肌の日焼け止めの選び方です。
アトピーを悪化させないように夏を乗り切りましょう。

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ