旦那・妻がアトピーの時の子供への遺伝確率

旦那・妻がアトピーの時の子供への遺伝確率|出産すべきか!?

旦那・妻がアトピーの時の子供への遺伝確率|出産すべきか!?

夫婦と子供

 

アトピーはアレルギー疾患なので
普通に生活している中では人から人へうつることはありません。

 

⇒アトピーは彼女・彼氏からうつるのか?|アトピーを治す知識

 

ただし、アトピーの親から子供への遺伝は残念ながらあります。
その遺伝の確率は両親がアトピー持ちかどうかで変わります。

 

親から子供へアトピーが遺伝する確率

子供へのアトピー遺伝確率

 

実は両親共にアトピー持ちだとしても
子供に遺伝する確率は100%ではありません。
これまでの統計上は一般的に50%〜75%程度です。

 

 

逆に、両親共にアトピーでない場合も
10%〜15%程度の確率で子供がアトピーになると言われています。
この場合、もし第1子がアトピーを持って生まれると、
第2子がアトピーを持つ確率が20%〜25%程度に上がります。

 

 

両親どちらかがアトピーを持つ場合は
だいたいその中間の25%〜30%程度だと言われています。

 

 

また、特殊なケースとして双子の場合は
一卵性の場合は遺伝子が同じなので
片方がアトピー持ちならもう片方も77%の確率でアトピー持ち、
二卵性の場合は遺伝子が異なるので
片方がアトピーでももう片方は15%しかアトピーにならない、
という数字が出ています。

 

アトピーで出産すべきか悩んでいるとしたら

 

あなたやパートナーがアトピー持ちで辛い思いをしていると
子供には同じ思いをさせたくないと考え、
出産しない方が良いのではないかという方もいます。

 

 

確かにこれはとても難しい問題です。
価値観や考え方は人それぞれなので明確な答えはありませんが、
私個人の考えとしては子供が欲しいなら迷わず生むべきだと思います。

 

 

なぜかというと、
アトピーは対策さえきちんとしていれば治るものだからです。
子供がアトピーになると、治したり対策するために
身の回りの生活用品や食生活など
事細かに気を使わなければならないし、商品選びも必要でで、
普通に子供を育てるよりは間違いなく大変になります。

 

寝ている赤ちゃん

ですが、子供がいるかどうかで人生は全く違うものになります。
最初から子供はいらないと考えているならまだしも、
子供が欲しいけどアトピーで諦めるというのは必ず後悔すると思います。
子供がアトピーになる可能性があるからといって一度諦めて、
10年後にやっぱり子供が欲しかったと言っても手遅れなのです。

 

 

そもそも子育て自体がとても大変なものです。
それが普通より少し大変になったとしても
子供がいることの人生の充実度や喜びの方が
その大変さを十分に上回ると私は思っています。

 

 

あなたの子供がもしかしたら
アトピーのせいで人間関係や恋愛に苦労するかもしれません。
それでも、あなたが子供のアトピーともしっかり向き合っていれば
その子供が大人になったときに
必ず親であるあなたに感謝の気持ちが芽生えるはずです。

 

 

結婚して子供が欲しいと思っているあなたなら
アトピーだからといって親を恨んだり、
生まれてこなければよかったなんで思ってはいないでしょう?
それと同じことだと思います。

 

 

アトピーでも子供が欲しいなら自信持って出産しましょう!!

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ