アトピーのかゆみを抑える方法!その我慢今日で終わりに!

アトピーのかゆみを抑える方法!その我慢今日で終わりに!

アトピーのかゆみを抑える方法!その我慢今日で終わりに!

アトピーのかゆみに苦しむ男性

 

「言葉で説明できない位、かゆくて堪らない…!」

 

 

アトピー性皮膚炎のかゆみは、耐え難い程に強烈なものです。
「かいちゃダメ!」
…解っていても、抑えられるものではありません。
無意識についかいてしまって、皮膚は荒れるし傷も付く。
酷い時には浸出液がにじんでくる程にかいてしまう事も!
…その、強い強いかゆみ。どうして起こるのでしょう?

 

 

 

アトピーでかゆみが強くなる原因とは

 

皮膚は内側から皮下組織・真皮・表皮の三層で構成されています。
特に一番外側の表皮は角質層で覆われており、これがバリアとなって
細菌や異物が体内に侵入するのを普段は防いでくれているんです。

 

 

そのバリア機能に異常が起きると、健康な肌よりも
菌や化学物質などが体内へ侵入し易い状態になっています。
体内に侵入した異物は 体内の免疫反応によって攻撃を受け、
その反応として かゆみや腫れ、熱感が生じる──
これが、アトピー性皮膚炎と呼ばれる状態です。

 

 

ではどうしてバリア機能が上手く働かない状態になるのか?
…実は、ハッキリした根本原因は判っていないんです。

 

 

  • 遺伝的にアトピー性皮膚炎を発症している
  • ハウスダストや大気汚染に対するもの

など、複数のアレルギー反応で発症する事もあります。
皮膚の常駐菌が分泌するタンパク質が汗に溶けて
皮膚から浸透する事が原因になっている事もあるようです。

 

 

理由が単一ではない事もあり、アトピー性皮膚炎の根本原因を特定して
根絶治療する段階には、残念ながらまだ至っていません。

 

 

 

アトピーのかゆみを抑える方法!

 

そのため、現在は

  • 「肌を清潔に保つこと」
  • 「かきむしりや乾燥による皮膚炎の悪化を防ぐこと」
  • 「皮膚の乾燥を防ぐこと」

など、症状に対する対処療法が基本とされています。

 

 

特に表皮が弱っている状態では、食品などでバリア機能を高めると同時に
表皮の汚れや余計な油分を落として清潔と潤いを保つ事が有効です。

 

 

内側、外側からのアプローチで肌を良い状態に保つ事ができれば、
それ以上の外敵の侵入を防ぐ事が出来るため
炎症を軽減する事ができるでしょう。

 

 

しかし市販のボディソープは効果が強いため、
洗う傍から必要な油分や潤いまで奪ってしまったり
肌に強い刺激や負担をかけてしまったりします。

 

 

そこで、石油系合成界面活性剤などを使用せず、高保湿型の
バリア機能を高めてくれる石鹸を日常的に使用する事をお勧めします。

 

 

低刺激、高保湿でまずは日常の肌ストレスを緩和し、バリア機能を高めましょう。

 

⇒15日間返金保証付き!無添加石鹸「赤のとち姫」でアトピーを治したい方へ。

 

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|優れた保湿力で肌の炎症を防ぐTOPへ戻る


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ