アトピー 夏 汗

夏のアトピー対策|大事なのは汗の処理のやり方

夏のアトピー対策|大事なのは汗の処理のやり方

夏のアトピーは汗が敵

 

夏になって暑くなると
アトピーの症状・かゆみなどが
悪化してしまう人が多くなります。

 

 

その原因は様々ありますが、
主にかいた汗の処理のやり方と
紫外線対策をしっかりすれば
アトピーの症状やかゆみの悪化は防ぐことができます。
原因と対策方法をお伝えしていきます。

 

 

 

夏にアトピーが悪化する原因

 

夏にアトピーが悪化する原因は以下の3つです。

  • 体の代謝・血流がよくなる
  • かいた汗の処理のやり方が間違っている
  • 紫外線

 

 

体の代謝・血流がよくなる

 

夏になると気温が上がるので体温が上がり、
自然と代謝や血流が良くなります。
そうなると体にどんどん栄養もわたっていきますが
皮脂腺などから老廃物の排出も盛んになります。
この老廃物が汗と一緒に出てくるときに
肌に刺激を与えてどんどんかゆくなるのです。

 

 

普通の肌であれば
その程度の刺激は何ともないのですが
アトピー肌だとたったそれだけで
かゆみになってしまうのです。

 

 

 

かいた汗の処理のやり方が間違っている

 

この汗の処理の仕方を間違えると
さらにかゆみや症状を悪化させる原因になります。

 

 

汗をかいてもそのままにしていませんか?

そのままにするとシャワーを浴びるまで
老廃物が肌に付いたままで刺激になってしまいます。

 

 

清涼シートやサラサラシートで拭いていませんか?

アルコールやエタノールが含まれたものはダメです。
スーッとした感覚は気持ちいいかもしれませんが
アルコールが蒸発すると同時に
肌の水分も一緒に蒸発させてしまい
肌が乾燥する原因になるからです。

 

 

 

紫外線

 

肌のバリア機能が低下しているアトピー肌には
紫外線は天敵です。
アトピー肌でも日焼け止めを必ず塗らないとダメです。

 

 

紫外線対策については別記事にまとめたので
こちらを参考にしていただければと思います。

 

⇒アトピー肌の日焼け止めの選び方

 

 

 

夏にアトピーの症状・かゆみを悪化させない汗の処理

汗を拭く

 

汗をかいて老廃物が肌についている状態がダメなので
水で濡らしたタオルで汗を拭きとるようにしましょう。
タオルは綿や絹100%で柔らかいものがベスト。
たったこれだけでアトピーの悪化は防ぐことができます。
水だけであれば余計なものが含まれていないので安心ですしね。

 

 

常に濡らしたタオルを持ち歩いていられない人は
濡れていない乾いたタオルでも大丈夫です。
拭かないのが一番ダメなので
出来る範囲で汗を拭き取れるようにしましょう。

 

 

余裕があればシャツや肌着など
着替えを持ち歩くようにするとより良いですね。
特に外回りの営業などをされている方だと
体中汗をかいてしまいますからね。

 

 

 

以上が、夏のアトピー対策|大事なのは汗の処理のやり方です。

 

 

汗をしっかり拭くようにすれば
レジャーで外出したって全然かまいません。
せっかくの夏ですから
アトピーだからといって家にこもっていないで
思いっきり満喫しましょう!

 

 

 

>>>アトピーに効く石鹸|かゆみ・カサカサ肌を治す方法TOPページへ戻る

 

 

 


石鹸 化粧水 保湿クリーム お問い合わせ